「前職:車掌」でも『少数精鋭』の 一員に|「次世代のウィラム」を創っていく仲間を募集中! 自身の力を伸ばすなら株式会社ウィラム

インタビュー

前職:車掌
現職:エンジニア
そんな自分でも
「少数精鋭」の
一員になりたくて

現在大手物流系企業のプロジェクトに参画している
Hさんにインタビュー!(2018年7月時点)

最近行っている業務:設計・コーディング・保守

前職ではどんな仕事をしていたのか教えてください

前職は鉄道会社で車掌として勤めていました。
職場の先輩が体を悪くして働けなくなったことをきっかけに「手に職をつけられる仕事がしたい」と思うようになりました。

入社する決め手は何でしたか?

研修期間が3ヶ月外部でJavaやSQL等のプログラミング言語を学べ、更に3ヶ月社内でのOJTと他の企業と比べても長めにあったことです。加えて企業を調べた際に出てきた「少数精鋭」という言葉がいいなと思っていました。
もともと大きな企業で働いていたので、社員一人ひとりの価値が高く、会社を変えられる力を持っているというのが新鮮に感じました。

実際に入社してよかったと思うことはありますか?

研修期間が長かった事もあり、一年間でまったく異なる業界から挑戦した私でも、日々の業務に取り組めるだけの実力が養えたことです。

研修でよかったことはありますか?

システム開発の流れや業界独自の考え方を感じる事ができ、業務の内容を把握できたことです。
言語の基礎を学ぶ事ができたことも大きいですね。

今後の仕事について

どういった系統の仕事をやりたいのか、自分自身まだ決まっていないところがありますが、まずは自分のできることを増やす為、年に一回のペースで資格が取れるように勉強は続けていこうと思っています。
また、現在抱えている物流系の案件を通じて、業務の流れや業界の考え方を会得できるように仕事に取り組んでいます。